経営に役立つヒント!

hint

2022/11/29

11月の状況

2014年11月に京都市左京区に飲食店開業をして早8年。現在は9年目に突入しています。

そんなクチーナカメヤマですが、11月の状況をお伝えします!


というのも経営ノウハウをお伝えしてる側のお店が潤ってなかったら、それは詐欺だと思うからですね〜。


基本的に飲食コンサルやってる方は飲食店経営してないので、机上の空論が多いと思ってますので、、、、。

まあアドバイスはそうだけど現実的に使えないものが多いですからね。



ということで、11月の状況はどうだったかと言うと、前半微妙〜からの後半盛り返しパターンでした!

8周年フェアでだいぶお得にしてた期間もあったのと、11月は毎年前半が弱い傾向があるので、想定内でした。


でも後半も微妙だったらヤバいなぁと思ってましたが、結果的には盛り返して今年2番目の売り上げですね!

通常支払いとは別に20万円ほどの支払いがありましたが、貯金を崩さずになんとかなりそうです!


ちなみに先月の10月が1番良くて次に良いのが今月です。


これは確実に価格を上げたことが影響してるんですが、週休2日を9月から導入してるので、休み増やして売り上げ増えた!と素晴らしい結果になっています😊

そして新規のお客様も多く、皆さんまた来たい!また来るからね!と喜んで頂けています。


ちなみに再来店したくなる仕組みはもう構築してあるので、僕は喜んで頂けるように料理を作るだけなんです。

広告費も一円も使ってないですし、snsもたまにしか更新していません。


つまり楽して喜んで貰えるシステムを作ってしまえば、飲食店経営はグッと楽になるわけです。

そして空いた時間でのんびりしたら好きなことを楽しむことも出来ますよ!


そんなエッセンスが知りたい方はこちらをどうぞ。

https://cucina-study.stores.jp


無料メルマガでは有料情報もお伝えしていますので、お気軽にご登録下さい。

https://24auto.biz/ryourigaka-maga/touroku/entryform1.htm

11月の状況2
11月の状況2
11月の状況3
11月の状況4

2022/11/28

勇気ある決断がもたらす未来

恐れと愛は共存できない。
そんな言葉を聞いたことはありますか?


人生の選択における重大決断は愛に基づく行動か恐れに基づく行動かで今後の未来が変わっていきます。
僕の飲食コンサルを受けた方の話ですが、多くの経営者は恐れに基づいて行動ができないことが多数です。


例えば値上げができない。休みが取れない。労働時間を短くできない。メニューをどんどんと増やしてしまう。

これらは基本的に恐れから来る行動です。


値上げをしてお客さんが来店しなくなったらどうしようという恐れ。
休みを増やして利益が出なくなったらどうしようという恐れ。
営業時間を短縮してお客さんが減ったらどうしようという恐れ。
メニューを増やさないと飽きられたり、来店してもらえないんじゃないかという恐れ。


全部恐れの気持ちがあるからこそ動けないですよね。
理想的な未来を実現するためにはどうすれば良いのか必要なことが分かっているのに、なかなか行動に移せない、そんな経営者に僕が提案することは、ちょっと実験でやってみましょう!

ということです。
お気づきですか?

上記の恐れは現実には起こってないものばかりなんですね。


こうなってしまったらどうしようの恐れの気持ちが強すぎて、想像の中でマイナスな現実を作ってしまっています。
そういう時には一歩踏み出す勇気の選択が必要です。


この勇気というのが愛の選択でもあるんですが、個人事業者としての自分を満たすための行動を勇気を出して実践してみる。
飲食店開業をして理想の自分になるための行動を起こしてみる。


だからこそ少し勇気を出して実験してみる。

値上げをしてダメなら元に戻せば良いだけです。
休みを増やしてダメなら元に戻せば良いだけです。
営業時間を短くしてダメなら元に戻せば良いだけです。
メニューを減らしてダメなら元に戻せば良いだけです。


頭で悩まずまずやってみる!
そしてその結果を受け取ってみてください。


恐れに基づいた行動は恐れの結果を引き寄せます。
でも愛に基づいた行動は愛の結果を引き寄せます。


ちょっと変な言い回しですが、恐れの中で生活していると価格を上げれない。休みを増やせない。労働時間は減らせない。メニューもどんどん増えていく。
という感じで負のループに陥ってしまいます。


だからこそ少し勇気を出して理想の未来を実現する行動を実験していくことが大事です。
京都市左京区で飲食店を開業して9年目に突入しましたが、9年前の自分から今の自分を見つめてみると全く想像できない領域にいます。

でも改めて考えてみると、理想の未来を実現するために恐れを手放し勇気の選択を選んで行動してきただけなんですね!

ということで今回の経営に役立つヒントは 理想の未来に近づく行動をやってみて判断する です!

勇気ある決断がもたらす未来2
勇気ある決断がもたらす未来2
勇気ある決断がもたらす未来3
勇気ある決断がもたらす未来4

2022/11/27

価格が上げれない

飲食店開業をする時に必須になるのが価格設定です。
正直この価格設定というのは非常に難しく、高ければ良いわけでもなく、安ければ良いわけでもないのです。


当たり前ですが個人事業として飲食店を経営するので、利益を出さなければなりません。
ですが価格が高すぎて機会損失になってしまっても勿体無いなと思ってしまうのが料理人心理だと思います。


で京都都市左京区で長年経営してきた感想としては、価格はそこまで問題ではない。
という結論です。


というのもお店を好きになってくれてる人ならべらぼうに高くなければ通ってくれるんですね。またある程度価格と取ることでお客様から信頼を得ることができます。

500円のラーメンってちょっと怖いけど800円のラーメンなら大丈夫そうみたいな感覚ありますよね。ある程度価格を取ることで信頼を得ることができるんです。


ということで個人店はある程度価格を維持しましょうが結論になるんですが、そんなこと言っても価格を上げれない経営者が多数です。
チェーン店は普通に価格を上げてるのに、個人店ほど上げれなくなっています。


その原因はズバリ自分の問題ですね。
価格を上げることでお客さんが来なくなったらどうしよう。
高いと思われてしまうと良くないんじゃないか。
利益を上げることに罪悪感を感じてしまう。


価格を上げれない経営者の多くにはその様な問題が根底には根深く潜んでいます。
まあこれは僕自身でもあったんですが、お客さんがこのお店安いね!と喜んでくれると安さを維持してあげたい!!

と思ってしまっていたんですね。
でもお客さんはもっと価格を上げても良いよ!とも伝えてくれていました。


つまり自分の商品価値を自ら下げてしまっていたのが過去の自分というわけです。
現在ではしっかりと代金を頂戴する様になって、休みを増やしても以前より収入を増やすことに成功してますが、その道のりはなかなか長かったですね。


ということでまとめると、価格が上げれないのは自分がブレーキをかけてるだけでお客様はなんとも思ってないよ!かもしれないということです。

8時間労働でしっかりと利益が出る。
そういう飲食店が個人店であって欲しいですね。

もっと飲食店の経営学を知りたい方はこちらをどう
https://ryourigaka.jp/tuburenai/

価格が上げれない2
価格が上げれない2
価格が上げれない3
価格が上げれない4

2022/11/26

成功事例と失敗事例。どちらから学ぶべき?

数年で廃業する飲食店が多い中、自分が成功するには成功事例から学ぶべきか、失敗事例から学ぶべきかどちらを優先すべきかを今回ご紹介します。

この記事を読んでいる方は飲食店開業という大博打に出るわけですので、ぜひ覚えておいてくださいね。


ということで結論からお伝えしますと、圧倒的に失敗事例から学ぶことが大事です。
というのも成功事例とは再現性が低い場合が多いんですね。


例えばタピオカが売れているからとタピオカ屋さんを開業しても数年で全く見なくなりましたよね。
短期で稼ぐというビジネスなら成功と言えるかもしれませんが、何十年も続くビジネスとしては不正解なのが流行りビジネスです。


つまり流行りに乗ることは失敗するリスクがかなり高い!と言えると思います。
これは流行り廃りという言葉があるように、流行った後にはすたれていくのが世の常です。


特に個人事業として飲食店を開業する場合は流行りに乗るのはやめておいた方がいいです。
うまくいっても数年で人気にかげりが出て来るのが目にめえて分かりますからね。


このように成功事例は再現性が少なく同じ様にやってもうまくいく人が少ないんですが、失敗事例は多くの人が同じ様な道を辿ることが多いです。


例えばお店のホームページが何年も更新されてなく、写真が不味そう。
これは失敗事例のお店によくあるパターンなんですが、こういう失敗事例から学ぶことが多いってことですね。

ただ、注意しないといけないのはじゃあホームページを綺麗にしたら上手くいく!!ってわけではないです。
失敗しない確率が上がっただけで成功する確率が上がったわけではありません。


ここら辺が経営ノウハウを勉強したから絶対に成功するとは言えない部分になるんですが、失敗するリスクを極限まで下げることができるのが経営コンサルや経営ノウハウを学ぶことです。


でもだからと言って絶対に成功するかとは言えない。
まあ当たり前ですけど、この世の中に誰がやっても絶対に成功するビジネスなんてものはありません。

ただ攻略法を知ってる方が有利になるというだけです。


ということで、飲食店経営の攻略法を無料でご紹介しているのがクチーナカメヤマメールマガジンです。
失敗事例も多数ご紹介してますので、これから飲食店を経営しようと思ってる方、今現在お悩みの方、気軽にご登録してください。

一番勿体無いのは成功するポテンシャルを持ちながらその力を発揮できないことですので、失敗リスクだけでも下げてもらえたらと思います。

成功事例と失敗事例。どちらから学ぶべき?2
成功事例と失敗事例。どちらから学ぶべき?2
成功事例と失敗事例。どちらから学ぶべき?3
成功事例と失敗事例。どちらから学ぶべき?4

2022/11/25

アルバイトを雇うと起こる現象

個人事業者として飲食店開業をする時にはできるだけ経費を少なくして開業することが望ましいです。
しかし、人件費を削りすぎてお客さんに不満を与えてしまう営業をしていてはうまくいくものもうまくいきません。


僕が知ってるお店の話ですが、こだわりが強く料理をオーダーが入ってから全て準備する飲食店がありました。
そしてスタッフも少数、オーナーシェフ一人で営業をしていたみたいです。


ランチ営業は従業員を雇っているけど、夜の営業は一人で営業をする。
そんな感じのお店だったと思います。
そして起こる悲劇は料理が全く出ない時間が30分、1時間と続いてしまう。

全ての料理が出るまでにかかる時間は3時間。
そんなことがあったみたいです。


料理の腕は一流でめちゃくちゃ美味しいんですが、そこまで時間がかかってしまうとなかなか次に来店しようとはなりません。

で話変わりまして、左京区にある僕のお店の話になるんですが、アルバイトスタッフを3人雇っていますが、そうするとある現象が起こります。


その現象とはアルバイトスタッフの友達がお店に来店してくれる様になる!!
というものです。そしてその友達がまた友達を引き連れて、どんどんとお客様の輪が広がっていく。そんな現象が起こります。

アルバイトスタッフを雇うことは経費増加にどうしてもなってしまいますが、増えるのは経費だけでなく、お客様も増えるということを覚えておくとスタッフを増やそうか迷っている気持ちが楽になると思います。

アルバイトを雇うと起こる現象2
アルバイトを雇うと起こる現象2
アルバイトを雇うと起こる現象3
アルバイトを雇うと起こる現象4

Page top

お問い合わせはこちら予約はこちら