経営に役立つヒント!

hint

2022/12/19

同業者に聞いた年末事情

今回の経営に役立つヒントは飲食店で働く料理人に聞いた年末事情です!!
この料理人の方は将来飲食店開業を目指す若者で、レベルの高いイタリアンで日夜修行している方です。


そんなイタリアンの年末事情はと言いますと、メチャクチャ忙しくて寝る暇もなくなっている。とのことでした。
夜のみの営業で2人体制で営業されている小さなイタリアンですが、こだわりがすごいので仕込みの量が半端なく、連日深夜まで働いて睡眠時間4時間程度で毎日を過ごしているみたいです。


本気のところ行くとしんどいですよね〜、、、。


ですが一方でこんな話も聞きました。
同業のイタリアンでも忙しいお店と暇なお店との格差が広がっていますよ。
結構厳しいお店もあるみたいですね。


料理人にとったら、12月が少しのんびりできるなんてラッキーやん!
なんて思うかも知れませんが、個人事業主になると繁忙期に忙しくないのはかなりやばい前兆です。


当たり前ですが、繁忙期はどこのお店も忙しいのが当たり前です。
そんな時期に暇ということは閑散期はもっと暇になるでしょうし、多くのお客さんが今年最後にもう一度来店したい!!という気持ちが無いと言っているようなものです。


つまり常連さんが離れている証拠でもあるんですね。

とはいえ、食料品の高騰や光熱費の高騰など家計の負担が多くなり、そもそも外食に行けない人も増えているので、来店したくてもできない人が増えている可能性もあります。


そんな厳しい中でもあなたのお店に行きたい!と選ばれる飲食店を経営すること。
これがこの時代を生き抜く飲食店になるのは間違いないと思います。


ほんとに現状が厳しい時は飲食コンサルなどの外部の意見を取り入れてみるのも良いと思います。また経営ノウハウを学んで来年に備えるのも賢い方法です。


成功者の多くの特徴は本を読み、自分をアップデートしていく習慣があります。
そういった習慣を身に付けるだけでも経営改善の糸口が見つかると思いますので、状況分析よりもうまく行ってるお店の真似をしてみて下さい。


いい種を蒔けば来年には芽が出るかも知れませんからね!

同業者に聞いた年末事情2
同業者に聞いた年末事情2
同業者に聞いた年末事情3
同業者に聞いた年末事情4

Page top

お問い合わせはこちら予約はこちら